(名称)

第1条
本会は、学び教育フォーラムと称する。

(事務局)

第2条
本会は事務局を置く。

(目的)

第3条
本会は、次のことを目的とする。
  1. 地球的視点を忘れず、科学的な思考能力と生涯自己学習能力を持ち、自律的に行動できる人間を育成するための教育を研究、開発、実践、普及する
  2. 教え授ける教育から、学習者が自ら学ぶ教育にパラダイム転換する活動を行う

(教育の定義)

第4条
本会が目指す教育(学校教育のみならず社会教育など全ての教育を含む)とは、動機付けを含む適切な学習環境を与え適切な指導・助言により学習させ、自立した学習者を育成するとともに、優れた潜在能力を引き出す教育のことである。

(事業)

第5条
本会は、前項の目的を遂行するために、次の事業を行う。
  1. 上記目的を実現する人材育成
  2. PBLやチーム学習などの学習者が自ら学ぶ教育法の研究開発と実践
  3. 学びの教育成果の評価に関する研究開発
  4. 公開シンポジウム、講演会、講習会等の開催
  5. 研究成果等の発表
  6. 研究者相互の交流及び内外の学会その他諸団体との連携と協力
  7. その他、本会の目的を達成するために必要な事業

(会員)

第6条
本会は、次の会員をもって組織する。
  1. 正会員 新しい教育法の実践・研究開発し、日本の教育の向上に貢献しようとする者
  2. 学生会員 新しい教育法の実践・研究開発を志す大学院生もしくは大学生
  3. 賛助会員 本会の目的に賛同しその事業を賛助する団体または個人

(入会)

第7条
入会には、一名以上の正会員の紹介と役員会の承認を要する。

(会員情報の取り扱い)

第8条
入会時に入会申込書により提出された個人情報は、次の目的のためのみに利用するものとし、これらの目的以外で利用する場合は、法令に基づき、あらかじめ利用目的を当該会員に通知または公表する。
  1. 本研究会の活動に関する情報連絡
  2. 会員との連絡業務
  3. その他、本研究会の活動に必要な連絡・案内業務
    1. 個人情報の第三者への開示・提供、会員よりの開示請求等には、法令に定めるところにより対応する。

(会費)

第9条
会員は、会費を納入しなければならない。

(退会)

第10条
会員は、次の事由により、その資格を失う。
  1. 本人が退会を申し出たとき
  2. 会費の滞納により役員会が退会を相当と認めたとき
  3. 本会の名誉を傷つけ、その他会員たるにふさわしくない行為をしたことにより、役員会が退会を相当と決定したとき

(総会)

第11条
本会に、正会員によって構成する総会をおく。
  1. 総会は、本会則所定の事項、その他会長が付議する事項を審議する。
  2. 通常総会は毎年一回、臨時総会は役員会が必要と認めた時に、会長が招集する。
  3. 総会の定足数は正会員の五分の一以上とし、委任状による議決権の行使を認める。
  4. 総会の議決は、出席会員の議決権の過半数によって決する。

(部会)

第12条
本会の目的を達成するために、部会を置くことができる。
  1. 部会の設置には、役員会の承認を必要とする。
  2. 部会の運営は、部会長が責任をもつ。
  3. 部会は、教育方法を研究開発し普及するために必要な活動を行う。

(役員)

第13条
本会に、次の役員をおく。
  1. 会長 1名
  2. 副会長 (必要に応じておくことができる)
  3. 幹事 若干名

(役員の選任および任期)

第14条
役員は、総会において選任する。
  1. 役員の任期は、2年とする。但し、再任は妨げない。
  2. 役員に欠員が生じたり、新たに選任の必要があると会長が判断した場合には、会長が必要な役員の指名を行い、役員会に諮り承認を得るものとする。
    追加した役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

(会長および副会長)

第15条
会長は、役員会において幹事の中から選任する。
  1. 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
  2. 会長が必要と認めたとき、副会長をおくことができる。副会長は、会長が幹事の中から指名する。
  3. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、あらかじめ会長の指名した順によりその職務を代行する。

(幹事)

第15条
幹事は、会長の命を受け、会長を助け、部会および事務局を円滑に運営する。

(役員会)

第16条
役員会は役員により構成し、本会の運営に関する重要事項を審議する。
  1. 役員会は、会長が招集し、議長は会長があたる。
  2. 役員会は役員の半数以上の出席で成立し、出席者の過半数で議決する。

(顧問)

第17条
本会に顧問をおくことが出来る。
  1. 顧問は、役員会から推薦された教育に造詣の深い人物とする。
  2. 顧問は、役員会の求めに応じ、本会の発展のために助言を与えるものとする。

(監事)

第18条
本会に監事をおく。
  1. 監事は本会の会計を監査する。

(事務局)

第19条
本会の事務処理のため、役員会は担当幹事を選任し、事務局を役員会のもとに設ける。
  1. 事務局に関する事項は、役員会において定める。

(経費および会計年度)

第20条
本会の経費は、会費、寄付金その他の収入をもってあてる。
  1. 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。

(会計処理および報告)

第21条
役員会は予算を年度開始前に決定し、監事に提出するとともに、総会においてまたは文書によって会員に報告するものとする。
  1. 本会の会計処理は事務局がこれにあたり、役員会に報告する。
  2. 役員会は年度終了後、監事の意見を付して決算報告を総会に提出し、承認を受けなければならない。

(会則改廃)

第22条
本会則は、総会において出席会員の議決権の三分の二以上の同意により改廃することができる。

付則

  1. この会則は、2011年4月1日から施行する。
  2. 本会の年会費は次の通りとする。
    (1)正会員 5,000円 (2)学生会員 2,000円 (3)賛助会員 一口100,000円とし,一口以上
    但し、非営利団体は一口 50,000 円とし、一口以上
  3. 本会設立当初の役員ならびにその任期は、第13条の規定にかかわらず、別に定める。
  4. 本会の事務局は2012年2月より下記に置く。
    大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻 上西啓介研究室内 学び教育フォーラム事務局
    〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 
    Tel 06-6879-4078, Fax 06-6879-4598

改訂

2012年2月18日
会名をLLL(Life Long Learning)研究会から学び教育フォーラムに変更
事務局を大阪産業大学から大阪大学に変更